終戦時
国防軍は無条件降伏、政府は条件付き停戦(天皇制維持)
昭和天皇はマッカーサー/GHQに 自らの財産を厭わずに国民に食の確保を願い出た
GHQによる
ハーグ陸戦条約の違反、
一方的な国軍(陸軍)解体があった事  元来はそういう降伏内容では無かった 当時の外務省関係者は違反であると抗議した
GHQによる違反な“戦時憲法”の押し付けである事
結局のところ、米国は配給食に送付しても最終的には日本が費用を払っている
GHQによる違反な“戦時憲法”の押し付けが70年以上経過していても、正しく理解されていないでいる事
進駐軍が出た時点でもとの明治憲法に戻されるのが本来の筋
戦後、露共産主義者主導/吹き込みが GHQを経由して、教育界・政界/議員・経済界に渡って、 日本を貶めるように‘仕組まれてきた事、今もそうであること
交戦権を持たない現在の日本は独立国家ではないこと
常駐する米軍に頼るだけでなく米国と協調しながら日本の国柄を大切にしながら自国は自分達で守る努力をまずはしないと国際社会は独立国家として真にやっていけない
今のオールドメディアは 外国勢力の影響(プロパガンダ)を大きく受けている、またはいわゆるDupesに大きな影響力を持って支配されている事。外国ではメディアはプロパガンダからきている事。

・前後、70年以上を経過した現在においても・・・

日本を分断する危険レベルが高い 先住民族としての扱い/独立自治権の確立へ・容認へ 琉球・アイヌ

日教組 大会
DVDめぐみ を教材に取り上げるべきでない
学生の朝鮮人への差別に繋がるから